外貨を利用した資産運用のブログは数多くありますが、円も含めた通貨の分散投資を扱うものはありませんでした。忙しい人にもお勧めの「ほったらかしトレード」で安全確実に金利を稼ぐ、そんな投資法を紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7通貨等配分PF 2007年実績070807新興国債券市場の指標とされるブラジルのグローバル債(償還期限2040年)の価格が、0.687ポイント上昇し、世界的なリスク資産売りが始まった7月26日より以前の水準に戻ったそうです。(by ロイター)

今回は円巻き戻しの状況を確認する意味で、2007年初頭からのPF-B実績を見てみることにします。

図101は、その「7通貨等配分ポートフォリオ(PF-B)  2007年の実績」の折れ線グラフで、2007年1月1日から8月7日までのPF-Bの実績です。(図をクリックすると拡大表示されます。

青線はスワップ金利を含めないグラフ、赤線はスワップ金利を含めたグラフです。今年2月末の世界同時株安(日番号55から62)に大きく調整しましたが、先月の急落前までは順調に価値を高めていました。

2月末の世界同時株安では5%弱急落し、その後の円キャリートレードの再開とともに上昇トレンドへ戻しています。今回の急落における下落率を見ると、今のところ4%です。

いつも下げるときは急に、上げるときはゆっくりになります。しかし2月の反転上昇は、通常の上昇よりも早かったと思います。

今後の見込みですが、アメリカのサブプライム問題の影響がどの程度広範囲に及ぶかが焦点になってきます。そういう意味で、ブラジルのグローバル債の価格が7月26日より以前の水準に戻ったことは、先行きに明るいニュースです。

投機・投資行動はあくまで自己責任でお願いします。

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:外貨分散投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

CDX_HY価格と円価値の推移0707先々週からの円高はアメリカのサブプライムローン問題が発端でしたが、過去の円急騰と共通しているのは信用収縮現象(クレジット・クランチ)です。

何かクレジット・クランチを定量化するのに適した指標が無いかと色々探していて、ブログの更新をサボっていました。すみません。

まだ、これがベストというところまで確信を得ていませんが、ダウジョーンズが公開しているCDXインデックスを最有力候補にしています。

Cはクレジット、Dはデフォルトの略で、債務不履行指数とでも訳すのでしょうか。

図100は、その「債務不履行指数と円価値の推移」のグラフです。(図をクリックすると拡大表示されます。

HYはハイイールド債の略です。円価値は、7通貨等配分ポートフォリオ(PF-B)からの円価値の変位を表わしています。元々2つのデータに基準がないので、縦軸の数値はあくまで参考用です。

先々週、円高になる少し前に、CDX.HYは先行して上昇しているように見えます。クレジット・クランチと円価値の上昇は、正の相関がありそうです。今後とも研究を続けていきます。

投機・投資行動はあくまで自己責任でお願いします。

⇒ 続きを読む

テーマ:外貨分散投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

通貨価値変位(070528~0803)7月の米雇用統計とISM非製造業景気指数が共に予想を下回る弱い内容となったことで、米株式市場は下落、リスク回避の動きから円買いが強まりました。

先週から今週にかけて、円売り派には厳しい状況が続いていますが、こういう時こそ冷静な相場分析が必要になります。いつものグラフで、直近10週間の通貨価値変位はどうだったのか見てみましょう。

図99は、2007年5月28日から8月3日までの通貨価値変位を表す折れ線グラフです。2007年5月28日を基準に平日50日間の、7通貨等配分ポートフォリオ(PF-B)からの各通貨の変位を求めてグラフにしています。(図をクリックすると拡大表示されます。

赤線で示した「円」の動きに注目すると、先々週までほぼ一貫して円安が進行していましたが、先週からは急激な円高になっているのが判ります。

先週の月曜から今週の月曜までの1週間で、3.18%円が高くなっています。その後円はやや下落ぎみになっていましたが、今週末の米景気先行き不安の高まりから、米ドルやカナダドルが売られる反動で、円高に振れています。

結局、今週1週間で通貨価値が下がったのは順に、米ドル、豪ドル、円で、下落率はそれぞれ、0.68%、0.35%、0.24%となっています。

上昇したのは順に、スイスフラン、ユーロ、英ポンド、加ドルで、上昇率はそれぞれ、0.79%、0.32%、0.09%、0.07%です。

世界的な信用収縮の様相ですが、各通貨の政策金利はあまり変更されていませんので、動揺が落ち着いてくればまた円は売られると考えています。

投機・投資行動はあくまで自己責任でお願いします。

⇒ 続きを読む

テーマ:外貨分散投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

7通貨等配分ポートフォリオ実績7通貨等配分ポートフォリオ(PF-B)のバックテストをし始めてから1年と7ヶ月が経過しました。毎月末恒例ですが、PF-Bの実績をグラフで確認してみます。

図98はその「7通貨等配分ポートフォリオ(PF-B) 2006年からの実績」の折れ線グラフで、昨年1年間プラス今年7ヶ月のバックテスト結果です。(図をクリックすると拡大表示されます。

青線はスワップ金利を含めないグラフ、赤線はスワップ金利を含めたグラフです。

150日を過ぎた頃(2006年6月初旬頃)から、ほとんど一本調子で円安が進んでいましたが、今年2月末の世界同時株安(420日頃)に大きく調整しました。しかしその後(7月中旬まで)は、順調に上昇トレンドを回復していました。

7月末、アメリカのサブプライムローン問題に端を発した金融不安によって、PF-Bは2月末と同程度(4~5%)の下落に見舞われました。

トータルで見ると、この1年7ヶ月の間のPF-Bの上昇率は、スワップ金利なしで10.35%、スワップ金利も含めると15.63%の上昇です。年率に直すと、スワップ金利なしで6.53%、スワップ金利ありで9.87%の上昇です。

スワップ金利なしの10.35%とは円安を原因とするもので、たまたま10.35%になりましたが、スワップ金利分の5.28%(年率で3.34%)は、ほぼ確実に見込めたものです。

各通貨に対しての円高は、今週一杯くらいはまだ注意が必要ですが、相場が落ち着きを取り戻せばファンダメンタルから言って、元の上昇トレンドに戻るのではないでしょうか。

投機・投資行動はあくまで自己責任でお願いします。

⇒ 続きを読む

テーマ:外貨分散投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

スワップ金利の推移(060731から1年)先週から今週始めまでの円高は、アメリカのサブプライムローン・ショックが発端でしたが、海外の市場が落ち着くとともに少しづつ反転してきました。

今後の動向が気になるところではありますが今回は基本に立ち返り、円キャリートレードの元になる各通貨スワップ金利の過去1年間の推移を見ておこうと思います。

例によって、某MF証券が公表しているスワップ金利データから、2006年7月31日から2007年7月30日までの各通貨スワップ金利を年率に換算し、各通貨を買いポジションした際に受け取るスワップ金利の推移を表す折れ線グラフにしました。

図97がその「スワップ金利の推移(060731から1年)」です。(図をクリックすると拡大表示されます。

最近のスワップ金利の高い順に、豪ドル(5.59%)、英ポンド(5.1%)、米ドル(4.78%)、カナダドル(3.89%)、ユーロ(3.45%)、スイスフラン(1.96%)になっています。

一年を通して見ると、英ポンド、ユーロ、スイスフランの欧州通貨は一貫して金利が上昇傾向。米ドル金利は高いレベルから若干の下降傾向。カナダドル金利は前半の停滞から後半上昇傾向。豪ドルは高金利安定という感じです。(日番号50付近で、どの通貨も少し下落していますが、これは日銀が政策金利を利上げした為です。)

最近の急激な円高で、直近のスワップ金利はみな下方へちょこっと振れていますが、大きなトレンドでは金利差はむしろ拡大中(米ドルは除く)であり、今回の円高は絶好の外貨買いのチャンスだと考えています。

投機・投資行動はあくまで自己責任でお願いします。

⇒ 続きを読む
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 安全確実◆外貨分散投資の研究 all rights reserved.
プロフィール

丸刈り髭オヤジ

Author:丸刈り髭オヤジ
初めまして、「丸刈り髭オヤジ」こと細井芳和です。たぶん!?日本一小さい投資会社の社長をしてます。会社は設立3年になります。収益の99%はデリバティブによる資産運用です。商品先物取引、外国為替証拠金取引(FX)、日経225先物取引をやってます。

ずいぶんハイリスク・オンパレードな仕事内容だなぁと思われるかもしれませんが、それぞれを相互補完的に組み合せているので、リスクはかなり抑えられています。(おかげで3年続いています)

このブログを立ち上げた動機は、比較的低リスクで収入が得られる「外貨分散投資」を、広く知っていただきたいと考えたからです。

外貨を利用した資産運用のブログは数多くありますが、円も含めた通貨の分散投資を扱うものはありませんでした。

忙しい人にもお勧めの「ほったらかしトレード」で安全確実に金利を稼ぐ、そんな投資法を紹介していきます。

最近の記事
カテゴリー
相互リンク
リンク

About Me!

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。